2015年11月15日

上司と不倫をしてしまった

半年前に仕事で大きな失敗をしてへこんでいました。 大きな失敗は周りの人のおかげでどうにか克服できましたが、私の中で申し訳ない気持ちとどうしてこんなに大きな失敗に気づくことができなかったのかとその失敗を引きずっていたのです。 そんな時私の直属の上司が愚痴を聞くためと言うことで飲みに誘ってくれたのです。

二人で飲みに行き、私が思っていることを上司に言いました。 話をすることでとてもすっきりしたのを覚えています。

しかし、私はその時飲みすぎてベロベロになっていたのです。 上司は仕方ないので私を送ってくれることになりました。 私は上司にもたれかかる様にタクシーに乗せられタクシーの中でも上司に抱きついていました。 そして私は上司にキスをしたのです。

酔っ払っていましたがその時のことをはっきりと覚えています。 そのままラブホの前でタクシーを止めてもらい、上司とラブホでえっちをしてしまいました。 上司が既婚者なのはもちろん知っていましたが、すごく寂しかったのです。 誰でもいいという感じでたまたま上司と飲みに行ったというのがきっかけです。 私がお酒に酔っていて、その場に男性がいたらはっきり言って誰でもよかったという感じです。

その上司との関係は一回だけで今はただの上司と部下の関係です。 上司の方も何も言ってはきませんし、私も何も言いません。 上司は既婚者のため不倫になってしまいますが、今はとても後悔しています。 独身の男性ならまだしも、既婚者でもしも奥さんにばれていたらと思うととても怖いです。

参考サイト↓ おすすめの女性用風俗はこちら!

一夜限りの関係、いわゆるワンナイトラブ

一夜限りの関係、いわゆるワンナイトラブというやつはドラマの中のものばっかりだと思っていたのですが、自分にも一回だけ経験がありました。 それはまだ20代のころで社会人になって2年ほどがたってからのことでした。以前からお世話になってた女上司が栄転ということで本社に昇格して出向することになりました。 その女上司は本当に新入社員のときから色々とお世話になってたので喜ばしい気持ちになったのですが、それれお別れ会というかお祝い会をするということになりました。 まあいつもの飲み会とあまり変わらなかったのですが、中々にその女上司は酔っ払っていて色々な話をしました。 特に驚いたのは彼氏の関係になっている人がいなくてフリーということでした。半ば愚痴っぽく言われてしまったので、まさかこんな良い女性がなとも思っていました。 それでまあ解散ということになりましたが、どうも相当酔っ払った女上司に二次会を誘われてしまって、色々な思いがありましたが行くことにしました。 しかし二人きりだったということと、酔がかなり回っていたのもあっていつしかいい雰囲気になって、それで二次会の帰りに、大分深夜になっていたという言い訳もありましてホテルに入って、一夜限りの関係になってしまいました。 それ以来は女上司は本社に行ってしまって、それ以来はいくつかのメールのやり取りはしていますが、関係はそれまでという結果になりました。 多分本社で益々上手くやってそれにお似合いの男性と付き合いとかをしているのかな、とか今では思っていますし、その関係は心の中にしまっておくことにしました。

高校時代の友人たちの飲み会でラブホテルに...。

一昨年の年末の事でした。高校時代の友人たちの飲み会をしばらく誰も企画をしていなかったので、私が幹事を務め開く事にしました。 この集りは年に3回程度開かれていて仲間内としては男5人:女5人の人数割りで多い時で合わせて二十人にもなる事はあったので周りから見れば合コンにも見えるような飲み会だったのですが、結婚やら転勤やらで人数も回数も減り、気が付けば一昨年の回数は0だったので、普段幹事ではない私開いてみる事にしました。 人数集めで、男性側は私が声掛けをし、女性側は連絡先を知っている一人にお願いをしたのですが、まさかこの人と一夜限りの関係に落ちてしまうとは想像もしていませんでした。 恋のムードにもなり様がないような大衆居酒屋で一次会を開いたのですが、隣に座って来た彼女の距離が近いというか肩がくっついていますよ、と言う感じで、私も悪い気はしませんでしたし彼女自身スタイルは置いておいて美人でしたし、お店の席もどちらかというと狭い方だったのでそのままの恰好で飲んでいる事にしました。 そこから、二次会のお店の段取りとお会計を済ませて下駄箱で靴を履いていると突然、彼女が現れ腕を組まれ「二次会まで少し遠周りしてデートしよう」と、そのまま二次会の場所とは全く別の方向に向かってしまいました。 色々と世間話やら思い出話やら話している内に気が付けば、ホテル街にまんまと誘導されてしまいました。 お互いに守る者もある身で後に残る物は墓場まで持っていく秘密の思い出しか残らない気がしたのですが、ここまでの雰囲気にまんまと飲み込まれ、ついにホテルの門を潜り抜けてしまいました。 何気に高校時代に好きだった人とこうした事が出来た事は良かったとは思うのですが、普通のカンを持っている人間であればあの場所で飲んだ人間は私達の事に気づくと思います。 それが、何処まで広がるのかが怖く、彼女との夜は別の機会に回す事が出来なかったのかと後悔をしました。